スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ日に播いたのに

この時期は、朝昼夕と苗を見るのが農家の日課。
苗の状態をみて、水やりや風を通して換気を行います。

左がゆめみづほで、右がこしひかり。
同じ日に播いたのに、苗の背丈が違います。
こしひかりの稲は、倒れやすいというけど、幼少の頃から背が高く、伸びやすいことがわかります。
ガッシリとした丈夫な苗になるように、徒長苗にならないように、風に当てるタイミングが重要です。

スポンサーサイト

ねぎ定植

久々の更新。

今日は、夏ねぎの定植。

写真に写っているのは、つばさの井上くん。

4月は雨が多くて、なかなか圃場の準備が進まず、定植が遅れました。
よって、夏ねぎではなく、秋ねぎになりそう笑

夏ねぎは委託苗。種まきした秋冬ねぎの苗はこんな感じ。

だいぶねぎらしくなってきた?

種まき1回目と三越の感想

東京から帰ってきて、今日は種まきの1回目。
委託用のコシヒカリと加工用米のハナエチゼン。
昼間は、地元の社会福祉法人「つばさの会」の人たちと夕方からは家族4人で。



明日も続きます。
種まきは腰に来る。本気で軽量化を考える。

4日と5日の2日間、日本橋の三越本店で店頭販売させていただきました。
お客様の生の声を聞けて、大変勉強になりました。
試食も行い、「モチモチしていて美味しい」、「めちゃくちゃ甘い」、「飲みこんだ後に甘さが広がる」などといった感想をいただきました。

感じたのは、伝えることの難しさ。
米は、同じ品種でも作る人が違えば味も違ってくる。いまい農場の米は他とどう違うのか、もっと掘り下げる必要性を感じました。まだまだ勉強不足。細かいことを大事にすること。

いまい農場のお米は、7日までの限定販売です。
店内の写真は、NGとのことで百貨店外装の写真を。








日本橋三越本店へ

昨日はニュースでもやっていましたが、風が強かったですねー。
うちの育苗ハウスも揺れる、揺れる(^^;;
ビニールがめくれて大変でした。
雨と風が吹きすさぶ中、慌ててネットを張りました。

本当は、ビニールと一緒にネットを毎回かければいいんですが、ついつい面倒くさがって省略しちゃってます。
いまい農場の作業場は、田んぼの真ん中にあるので、モロに風の影響を受けます。ハウスは築25年以上とかなんとか。毎年、強い風が吹くと飛ばされるんじゃないかと、心配しております。

ねぎの苗はハウスに移動。

水稲の苗と同じで、シルバーポリを2~3日かぶせて緑化を進めます。

僕は今日と明日、日本橋の三越本店の店頭に立ってうちのお米を販売してきます!
忙しい時期に出かけるのは、少し気が引けるけれど、これも仕事。しっかりと販促してきます。
せっかくだから、北陸新幹線に乗って♪

床土作り

今日は、春らしいいい天気でしたね(^^)
種まきに使う床土作りも始まりました。

乾燥さした土+肥料+殺菌剤を混ぜて床土を作ります。

そして、心配していたねぎもちゃんと芽が出てきてくれました。

よかった、よかった(^^)
明日は、ねぎの苗をハウスに移しまーす。
プロフィール

いまい農場

Author:いまい農場
石川県中能登町のお米農家です。
農業のこと、農家の暮らし、日々の出来事など綴っていきます。
コメントお待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。