スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機の堆肥と新パッケージ案

昨日の午前中は有機の田んぼに堆肥を散布。

烏骨鶏のふん由来のもので、有機JASの規定に対応しています。
だから、値段はちょっと高い。ねぎの圃場に入れた豚の堆肥の倍します。
でもやっぱり、効果はあって、去年は肥料の持ちが長続きしました。

午後からは、ねぎ圃場の耕起をしたり、残りのハウスビニールを張ったり、やることがいっぱいありますなあ。

お昼には、デザイナーさんに頼んだ新パッケージ案を確認。

シンプルで、バックの黒が映えていて、カッコよくないですか⁉️
近々、刷新予定です。こうご期待❗️
スポンサーサイト

堆肥はまいたけれど。

今日は、ねぎの圃場に堆肥をまきました。

農協からかりてきた堆肥散布機で。
サラサラなので、まきやすい。

が、夕方に芽出し機の温度を見てみると、29℃!高いっ!
何度か確認はしてるんですが、かな~り遊びの部分があるらしく、なかなかビシっと思いどおりにきてくれない。高かったり、低すぎたり。
マズイかも…(~_~;)

ビニール張りと閉校式

先週から、晴れ間をみて、育苗ハウスのビニールを張っています。
今日は、おっちゃんに手伝いをお願いしたので、小雨でもビニール張りを決行。
男3人で1日、なんと7棟も張れました!
おっちゃんが来てくれると、仕事がはかどるので助かります。

4年ぐらい使っているので、ボロボロ。
この大きな穴、苗を移す前に防がなきゃ。


話はかわり、昨日は、母校の御祖小学校の閉校式でした。
1873年から続く歴史ある小学校です。少子化のため4月から統合されます。
時代の流れとはいえ、寂しいですねー(´・_・`)

ぼくは、閉校式で子ども獅子舞の太鼓を叩いてきました。練習しておいて良かった!
つい先日、子どもの頃に叩けなかった「おてぶり」が叩けるようになりました。何気ないことだけど、不器用な自分には嬉しい(^^)
昨日は、そのおてぶりのパートを含む「三くずし」も披露。
母校の閉校式に参加できて、寂しいけれど、良い思い出になりました。




ねぎの種まき

今日は、初のねぎの種まき。


チェーンポットを展開して、培土を盛り、育苗箱をのせ、はーんてーん。

水をやり、播種機で種を落とし、


上から覆土を被せて、かーんせーい


1枚1枚手作業だから、55枚終えるのに、2人で半日以上かかりました。


苗の芽出し機で、26~27℃で6日間ほどで芽が出てくるそう。

ちゃんと芽が出てきてくれるのか、水稲の種まきの時も毎回心配になる。
ねぎの種まきは初めてだから、なおさら。

とりあえず今日は、中腰の姿勢で作業していたので、腰が痛いと親子共々悲鳴を上げてます(~_~;)



夜は獅子舞

今日の日中は、加工用米のハナエチゼンの種子消毒と早生品種ゆめみづほの浸種。


夜は獅子舞の練習。

28日の小学校の閉校式と4月の春祭りに向けて。

子どもの頃は、獅子舞の練習が嫌で嫌で、この季節になると憂鬱になっていた。
活発ではなかったし、運動神経も人より悪かった。実際、獅子舞も上手な方ではなかった。

そんな自分がいまは、太鼓を叩いたり、子どもたちを教える側にいる。

この不思議な感じ。

当たり前の時間の経過なんだけど。

子どもの数が少なくなって、獅子舞の存続も危ういけれど、地元のこういう行事は大事だなあ、といまは思う。

昼は、田んぼ。
夜は、獅子舞。

毎年春は、こんなサイクルで、あっという間に過ぎてゆく。

今日は、勝手にノスタルジーでした。






















東京 三越本店の石川フェアに参加します!

3月も下旬を迎えたのに、石川では雪が降りました。

空が白い~。明日も降るんだそう。

お知らせ。
3月25日(水)~4月7日(火)に東京の三越本店で行われる石川フェアに、うちのお米を販売していただけることになりました。
自分も4月の4日と5日に店頭に立たせていただきます!

今日は朝からフェア用のお米を精米。

百貨店の店頭に立って販売するのは、初めての経験なので、今からドキドキしています笑

せっかくだし、北陸新幹線で行こっかな~🎵

京都のなかむらさん

春作業が目白押しなのですが、今週末は京都に行ってきました。
学生時代の友人が企画してくれて、うちの有機米をおろさせていただいている「日本酒とワインと炭火焼き なかむら」さんの料理を堪能してきました。





肉は天草鶏。前菜はもちろん、2枚目の写真のレバーも、レバー特有のくどさがなくて美味しい!ワインによく合う。





九州から取り寄せた野菜。どれもうまみが凝縮されていて、美味しい。



その後も絶品の料理が続き、最後に出てきたのが、うちのお米。

土鍋で炊いてくださったご飯は、ツヤツヤ輝いておりました。


ご飯のお供と一緒に美味しくいただき、おかわりしてきました。

京都の料理屋さんで、丁寧に調理されて、改めて大変ありがたいな、と思いました。
これからも、ちゃんとしたものを作って、届けなければ、とも。

なかむらさんと企画してくれた友人に感謝したいと思います。
ありがとうございます!
そして、これからもよろしく。










新パンフレットとパッケージ作成のために

今日は雨なので、家にこもって事務作業。

補助金の申請書類を作ってました。
パンフレットと商品パッケージをデザイナーの方に頼んで一新しようと思っています。

写真は、旧パンフレットの表紙。
作ってから10年以上たち、在庫がなくなってしまいました。


パッケージは父の手作りで、これはこれで良いのですが、より洗練されたものがいいのではと、以前から家族会議で話し合いをしてました。

申請にあたり、3年間の経営計画、うちの強み、弱み、他社と違う点、行動計画などを作っています。


アタマの中で普段あれこれ考えているけど、紙ベースに起こしてまとめてみるのは大事ですね。

明日、とりあえず商工会に提出。
アドバイスを受けて、締めきりは27日。
頑張らねば。

畦を塗り塗り

今日の午前中は、春作業のひとつ、畦塗りをしました。
田んぼの水もれ防止と除草を兼ねて。

最初に入った田んぼは、土が乾いていてうまく塗れず、途中でやめて違う田んぼへ。
土が湿ってそうな田んぼを選んで塗ってみる。今度はうまくいった。

乾田は雨上がりの日に。湿田は晴れの日に。
去年は初めてで、畦を必要以上に削ったりしたけど、今年は大丈夫!
後ろはなるべく振り向かず、サイドミラーで確認。まっすぐ、まっすぐ。


ねぎ畑に堆肥

3月になっても天候が悪い日が続きましたが、いよいよ春らしくなってきましたね。

昨日は、ねぎ畑に堆肥を運んでもらいました。


今年は、冬場の収入確保のために能登白ねぎを作ります!
白ねぎは能登を代表する野菜のひとつ。
畑作りに堆肥は必須ということで、養豚農家さんからもらいました。
軽くて、よく乾いていて、サラサラ。いい土ができそうだ(^^)
プロフィール

いまい農場

Author:いまい農場
石川県中能登町のお米農家です。
農業のこと、農家の暮らし、日々の出来事など綴っていきます。
コメントお待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。