スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星空⭐️

昨日は、ひつじ流星群?がよく見える日だったみたいですね。
妹がデジタル一眼レフカメラで写真を撮ってくれました。




キレイですね~。
ぼくはビールで酔っぱらい、横になってました笑

今日は仕事の話は一切なし!

Goodnight~(^^)
スポンサーサイト

キャノン砲

暑くて、暑くて溶けちゃいそうですねー(°_°)
いまい農場は、草刈りと一緒にコシヒカリの追肥もしています。
追肥の道具がこれ。

一般的に、動墳と呼んでいます。これに肥料を入れて、背中にしょって、あぜ道からキャノン砲のように田んぼに発射します。
肥料は田植え時にやるのが、元肥。葉色をみながら途中でやるのが追肥。有機と特別栽培米のコシヒカリは、もちろん有機肥料をやっていますよー。
だいたい20kgぐらいの肥料を背負ってキャノン砲を発射するのですが、思った以上に重くてヨレながらやっています(笑)

暑い日が続きますが、みなさん体調にくれぐれも気をつけてご自愛ください。
ウチもこの時期は、昼寝をたっぷりとって涼しい時間帯に仕事をするようにしています。

26年産米の予約注文を始めています。いまい農場の詳しい情報は下記のURLからチェックしてください。

****

26年産米の予約注文をはじめました。

暑い日が続いていますねー。
日中は、暑い中、追肥や草刈りをしているとグッタリしてしまいます((+_+))
でも、夜飲むビールはおいしい!(^^)

HPでもお知らせしたのですが、平成26年産米の
予約注文を受け付けています。
電話、FAX、メールでお待ちしています。
出穂1

出穂2

早稲の品種ハナエチゼンから穂が出始めました。
稲の花も咲いています。
稲に花が咲くなんて、なんか以外ですよねー。
受精をして、稲もこの暑い夏を越えて、登熟へとむかいます。
秋に黄金色に垂れるまで。

お米の詳細は、下記のURLからチェックして下さい。

http://imainoujou.com

生きもの調査

昨日19日は、毎年行っている生きもの調査の実施日。
ですが、自分は消防の県大会と重なってしまい、参加できず(泣)
かわりに父に写真を撮ってきてもらいました。
確認できた生きものを少しだけ紹介。
子どもとモズクガニ
まずは、モズクガニ。調査は御祖(みおや)地区を流れる久江川とその
周辺の田んぼ及び用水路で行っています。
メダカ
ちょっとわかりづらいですが、メダカ。最近では、めっきり姿が見えなくなりましたね。
オイカワ
身体の模様が美しいオイカワ。
ミズカマキリ、ドジョウ
ミズカマキリとドジョウ。
タイコウチ、ハゴロトンボ
左がタイコウチ、右がハゴロトンボ。
ここまで来ると、なかなかマニアック。タイコウチはその姿から
「水中のサソリ」と呼ばれています。
この他にも、ギンブナやタモロコ、スジエビ、ヨシノボリなどなど。
田んぼやその周辺の水環境には、まだまだ多くの生きものが
生息しています。お金にはならないけど、こういう価値ってきっと
大事ですよね。

子どもたちはきっと楽しかっただろうなー。改めて自分も参加
したかった!

今日はこのへんで。

いまい農場をもっと知りたい方は、下記のURLからチェックできますよー。

http://www.imainoujou.com




特別栽培米について

米作りペーペーの自分は、月に何度かいしかわ耕稼塾という県主催の塾に行って講義を受けています。
15日のテーマは、「環境保全型農業について」。その中で取り扱ったのが特別栽培農産物表示制度。うちでも特別栽培米を作っていますが、そもそも特別栽培農産物ってなんでしょう?

定義としては、化学合成農薬の使用回数が慣行的に行われている使用回数の5割以下であること。そして、化学肥料の窒素成分量が慣行的に使用される化学肥料の窒素成分量の5割以下であることです。

慣行基準は、県ごとに決められており、石川県は化学肥料の窒素成分量が8。化学合成農薬使用量が22回です。つまり、その半分の4と11回以下の使用量の作物が特別栽培農産物として認められます。

では、いまい農場の特別栽培米は⁈

こだわりにこだわって、化学肥料の窒素成分量が基準の9割減!化学合成農薬の使用回数は8割減の4回です!

当然、石川県のエコ農産物の資格も取得済み。父は、県のエコ農業者資格を2番目!にゲットしました。やるね~(^^)

25年産の特別栽培米は、残りわずか。値段等詳細は、www.imainoujou.comでチェックしてください。






追肥とか。

ブログ、サボりまくってますねー^^;
気がつけば7月。つい最近、田植えが終わったと思ったのに、月日の流れは早いですね。
じつは、6月から地元の消防団員になってしまい、週6日のペースで大会に向けて練習しています。朝5時起き!と言っても、自分は選手ではなく補助員なのですが。今月の19日の大会まで少しだけ慌ただしい日々が続きそうです。
今日の午前中も消防の初任者研修で、放水の仕方とかいろいろ習ってきました。紐の結び方なんかも。もやい結びと巻き結び。

写真は、もやい結び。合っているかなー(・・;) 不器用なので家に帰ってYouTubeを観て練習、練習。仕事でも使えるかもしれん。

と更新をしてない言い訳を述べつつ、本業の話もしとかないと。

6月末から早稲田での追肥をやっています。

元肥は田植えの時にやっています。追肥のタイミングと量が難しいみたいです。少ないと収穫が減るし、多すぎると秋になって稲が倒れたり。タイミングは葉色や苗を切って幼穂の長さを見てあげます。幼穂とか言い出すと話がマニアックになってきますねー笑 写真はありません。ごめんなさい。

7月2日から5日間は、七尾農林事務所の濱高さんが研修に来て仕事を手伝ってくれました。

精米をしてもらったり、雨の中草刈りをしてもらったり。濱高さん、ありがとー!秋も待ってるよ!


写真はツバメ。3月にやって来て巣を作り、子どもを作り、子育てをして、最近は子どもが飛ぶ練習をしていました。
動物や昆虫は、人間と違って、種を残す、遺伝子を残す本能のみで生きていると言いますが、子育ての様子を見ていると、何て優秀な遺伝子なんだ!と感じます。いつ去って行くんだろ。いったいどこへ行くのやら。

以上。




プロフィール

いまい農場

Author:いまい農場
石川県中能登町のお米農家です。
農業のこと、農家の暮らし、日々の出来事など綴っていきます。
コメントお待ちしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。